前へ
次へ

切り傷などで医療機関を受診した方がいい時

自宅にはいろいろな常備薬があり、その一つとして絆創膏があるかもしれません。
テープの真ん中に布地の部分があり、その部分に消毒液が含ませてあるものもあります。
切り傷などの時には絆創膏を貼っておくことで出血を抑えられたり、細菌の侵入を抑えられたりします。
小さな傷であれば数日絆創膏をしていれば傷口もふさがるので、その後は乾燥を避けるようにして放置しておけばよいでしょう。
特に医療機関を受診する必要もありません。
しかし絆創膏を貼ったり軟膏を塗ったりしているのになかなか傷が良くならないときがあります。
通常はかさぶたなどができて、自然にかさぶたなども取れてくれます。
でもジュクジュクした状態が続いたり周辺が赤く腫れるときがあり、この時は細菌に感染している可能性が高くなります。
早めに医療機関を受診して適切な処置をしてもらうようにしましょう。
たかが擦り傷と考えてしまいがちですが、ひどくなる前に適切な対応を心がけましょう。

Page Top