前へ
次へ

インフルエンザの予防接種の医療効果

冬に流行するインフルエンザの患者が出始めるのが秋の終わりごろとされています。
インフルエンザの予防摂取はそれ以前から受けることができるので、気になるなら早めに受けておくと良いでしょう。
ただ予防接種に関しては医療効果をきちんと認識しておいた方が良い時もあります。
インフルエンザにはいくつかの種類があり、予防接種に使われるワクチンはある程度種類を限定して作られています。
予防接種を受けていても、該当するワクチン以外のインフルエンザにかかると効き目はありません。
医療効果の観点からインフルエンザの予防接種の効果の割合は大体20パーセントから30パーセントぐらいとされています。
せっかく受けたとしても全く効果がない時もあり、それならお金をかけて受ける意味がないと考えるかもしれません。
後は確率の問題で、うまく予防接種の型と同じウィルスに感染すれば重症化を防げますし、違うタイプだと辛い症状が出るかもしれません。
予防接種をしていない状態だと感染後に必ず辛い症状が待っています。

Page Top