前へ
次へ

医療機関で処方される禁煙治療の薬

喫煙者の全員がニコチン依存症とは限らないため、普段からあまり喫煙しない方や、喫煙してまだ日が浅い人は、依存症になっていない場合があります。
TDSなどの判定テストでチェックできますから、ニコチンの依存症が気になる時は、医療機関で調べてもらいましょう。
最終的に医師が診断してくれるので、セルフチェックより正確に判断できます。
依存症でなければ禁煙もそれだけ楽なため、煙草を止めたい際は早めに取り掛かるのが得策です。
しかし既に依存症になっている場合や、自分だけでは難しいと感じたら、医療機関で治療しましょう。
禁煙外来の治療ではニコチンパッチやニコチンガム、それにニコチンの入っていない服用薬などを用いるので効果的に煙草が止められます。
パッチは日に1度、肌へ用いる貼り薬です。
ガムは煙草が恋しくなった時に噛みます。
飲み薬は最初の数日は日に1回、その後は日に2回など、医師の指示に従って服用します。
何れも医師の処方せんがなければ買えない種類もあるので、医療機関ならではのサポートを受けられるのが魅力です。

Page Top