前へ
次へ

医療の現場で女性医師が頑張っている

内科認定医であるなら、必然的に消化器内科専門医であったり、内視鏡専門医という経歴が伺い知れます。
内視鏡の検査件数が多い病院を選ぶのは、やはり手業を習得するためでしょう。
女性医師の場合には、外来や検査の予約患者の対応でてんてこ舞いといいますが、人員体制に問題があり、代わりの先生がいない状態もあるといいます。
女性医局では、そうした待遇は期待できない、こうした本音も耳にします。
主に結婚・出産した後、退職せずに休職中の女性が多いと思います。
働く意欲のある女医ですから、医師不足が叫ばれる中では、貴重な人材です。
医局は控え室としても利用したい場で、仮眠を取る、執務室であるから集中した空間をデザインして欲しい、こうした女性目線の配慮も必要だといいます。
医師であるなら身なりは重要、しかし膝丈スカートに高めのヒール、高級メーカーの腕時計をはめる、そうした格好に難色を示す医局長も少なくありません。
もちろん、配慮できる部分と対応が難しい部分があります。
医務や研究には論争もあります。
それに女であるがゆえに加われない、そうした意見交換さえ許されない医療の現場、境遇に必死に耐える女医もいるといいます。
私たち患者になる側からすれば、誰のための医療なのか、問いただしたくなります。

Page Top